プラモデルについて

おもちゃは、物をつかめるようになった赤ちゃんから幼児や小学生はもちろん、中高生や大人まで幅広い年齢層にさまざまな支持を受け、成長に合わせたいろいろなジャンルがあります。例えば赤ちゃんは、手を伸ばして物に触れる、つまむ、そして目や耳など五感が発達する時期でもあり、触れると音が出るガラガラや、幼児期になれば簡単な模型で組み立てたり組み合わせたりする道具から集める・作る・飾るといった大人でも楽しめる模型やプラモデルなどコレクションを趣味とするおもちゃまで幅広く多岐に亘り親しまれています。

中でもプラモデルは、コレクターの年齢層が10代~60代まで幅広く定着しています。その背景には、映画やアニメ・漫画などの作品に登場する人気のあるロボットやキャラクターなどを象ったプラモデルが顕著に伸びています。年齢を超えて愛されるプラモデルは、いつごろからあるのでしょうか。

プラモデルの発祥地は静岡県静岡市で、全国の売り上げの90%以上のシェアを占めています。日本最初のプラモデルは1958(昭和33)年に発売されました。全国に流通したのをきっかけに2年後の1960(昭和35)年には、日本のキャラクターモデル第1号が誕生して以来、1980年代に入りロボットやキャラクターモデルの大ブーム時代となり、今現在も子どもから大人まで作っています。そのくらいプラモデルファンがいることから、当サイトでは不要になったプラモデルを高く買取してもらう方法から、買取方法までについて紹介しています。